プチ整形で人生をChange❘自信が溢れる魅力的な自分へ

症例写真の有無

ドクターとナース

日本には数多くの美容外科が建ち並んでいます。中には、全国に系列院を拡大させた美容外科もあるでしょう。多くの人が利用しているところでは、利用を検討している利用者の背中を押すべく、ネット上にて症例写真を掲載しています。プチ整形にはメスを用いるものもあるので、コンプレックスを抱える利用者にとって「手術跡は残らないのか」「確かな結果を得られるのか」といったことが気に掛かるポイントになるでしょう。症例写真は、施術前と後の様子を写真におさめることでその不安を解消する安心材料になると言えます。

プチ整形と呼ばれる施術には、手軽に行なえるものが多い為に施術に掛かる時間が数十分というものもあります。埋没法という、特殊な糸を数点まぶたに留めるだけの二重形成は10分前後で終了しますが、その後に生じるダウンタイムは約1~1ヶ月半続きます。糸を留めている箇所が術後に赤く腫れ上がる症状がみられるでしょう。術後すぐにメイクを行なうことを禁止されているので、自宅に戻った後も肌へ負担を掛けないよう気をつけることです。

症例写真では、気になるダウンタイムについてもしっかり把握できるようになっています。施術直後、数週間後、1ヶ月後、と時間の経過に伴う変化は一目瞭然です。二重形成を施して、理想の二重に仕上がるまでには一定の期間を要します。その期間中は望んだ仕上がりを本当に得られるのかと不安に感じるものですが、症例写真ではしっかり自分の理想の姿を手に入れた利用者達の姿を確認できます。プチ整形を受けられる美容外科が多いので、誰でも利用先を選ぶ際には迷いが出てくるでしょう。料金も比較ポイントの一つになりますが、担当医の施術力も把握できる症例写真も重要だと言えます。プチ整形を受ける際には、いくつかの美容外科をピックアップして自分に最適となる美容外科を見つけてみましょう。